住宅市場動向
オフィス市場動向
店舗市場動向
土地市場動向
その他
   ソウル生活イロハ
  ソウルMap(日本語)
  お役立つリンク
- 日本大使館
- ソウル日本人学校
- Seoul Japan Club
MyAgentソウル不動産
ブログ
Home : 市場動向 > 店舗市場動向
 タイトル    ソウル1階店舗、全国平均より1000万ウォン高い
 投稿者 MyAgent  File    DATE 2011-10-12
内容
ソウルで1階の店舗を分譲ためには3.3㎡(1坪)当り3千540万ウォンが必要であり、これは全国平均よりも1千万ウォン以上高い値段です。
商店情報提供業社である”サンガニュースレイダー”は全国5万4千358店の商店の店舗を対象に階別分譲価と店舗当りの面積などを調査した結果、ソウルの1階の店舗は3.3当り3千540万ウォンに2階の1千722万ウォンよりも2倍以上高いことを10日に明らかにしました。

首都圏と全国の1階の店舗3.3㎡辺りの分譲価は各々2千701万ウォンと2千403万ウォン。また店舗1つ当りの平均面積はソウルの1階が77.9㎡、首都圏は82.9㎡、全国90.13㎡と分譲価が安くなるほど面積が大きくなった。

サンガニュースレイダーのソン・ジョンピル代表は"ソウルで1階の店舗を分譲を受けるためには総8億3千580万ウォンが必要だ"と言い"貸出しを30受けることを仮定としても補償金と取登録税等を考えると実投資金額は約5億4千万ウォン"であると言い、また"商店街市場が全般的に萎縮しているが、ソウルは初めに投入される土地代金が高いため、不景気にも分譲価の流れが一定以上で維持されている"と話します。

連合ニュース 2011.10.10

MyAgentソウル不動産 仲介法人(株)
住所:ソウル市龍山区西氷庫路67、16(龍山洞5街、龍山パークタワー)
=>地下鉄4号線二村駅①番出口から63m

TEL :02-508-3668 
FAX:02-508-3611
Mail:myagent@myagent.seoul.kr